Project15デジタルマガジンで地域の魅力を発信

金沢美術工芸大学×DNPメディアクリエイト 産学連携プロジェクト
デジタルマガジン「kanavi」(カナビ)

2016年5月17日更新

はじめに

美大生の視点で金沢の新しい魅力を創り出す

人口減少と少子高齢化の進展により、地方はさまざまな問題に直面しています。東京圏への一極集中が進み、ますます若者が少なくなっていけば、地域で育まれてきた豊かな文化も消失する恐れがあります。この流れを食い止め、地域の活力を高めていくためにはどのような取り組みが必要なのでしょうか。

金沢美術工芸大学とDNPメディアクリエイトは、地域の新たな魅力を創出し、地域から発信していく手段としてデジタルメディアの可能性に着目しました。進化するデバイスに対応し、これまでにない発想と表現方法を取り入れたのがデジタル雑誌アプリ「kanavi(カナビ)」です。企画・取材から画面デザインまでを担当するのは金沢美術工芸大学の学生たち。地域の現場に足を運び、そこから未来へつながる新しい価値を生み出そうとする学生たちの姿を追いました。

活動内容

金沢の美意識がいっぱい詰まった空間、町家の魅力を同世代に伝えたい

「kanavi」は金沢美術工芸大学と大日本印刷グループのDNPメディアクリエイトが産学連携プロジェクトとして開発したデジタル雑誌アプリです。自分が読んでみたいコンテンツ、使ってみたいアプリについて学生と一緒に検討を重ね、スマートフォンやタブレットに取り込んで読むデジタルマガジンを制作しました。従来の紙のデザインを踏襲したレイアウトにはせず、デバイスの画面サイズに合わせてあるので非常に見やすくなっています。

「kanavi」の特色は、美大生ならではの“目利き”の視点で金沢の魅力を紹介すること。伝統のものも新しいものもわけへだてなく、これはと思うものをとりあげ、その魅力の本質にせまります。 たとえば、金沢で活動するアートNPOやアーティストを取材した記事では、金沢のアートシーンをいきいきと伝えています。街の風景を5つの色彩でとらえた「加賀五彩」では金沢散策の新しい楽しみ方を提案し、伝統的な加賀料理は器も含めた「総合芸術」として紹介するなど、これまでの観光ガイドにはない視点から金沢の文化力を発信しています。

今回「kanavi」の取材チームは、町家の魅力を体感する「金澤町家巡遊」イベントのメイン会場である紙谷漁網店を訪れました。中に入ると土間の上部に吹き抜けの空間が広がっていて、思わず「わあ〜」と声が。各部屋ではワークショップや展示、カフェ、直売所などが開かれ、来場者でにぎわっています。

町家の説明をしてくださるのはNPO法人金澤町家研究会の武藤清秀さん。一級建築士・歴史的建造物修復士として数多くの町家の修復にたずさわり、金沢の町家について語れる第一人者です。オーナーの紙谷昭英さんも学生たちと一緒に武藤さんの説明を聞くことになりました。

金沢市内には1950年(昭和25年)以前に建てられた木造住宅(町家)が約6,000軒あり、京都市に次いで多いそうです。紙谷漁網店は明治期に建てられ、2階は昭和初期に改修されたもので、それぞれの時代の特徴が残っています。一見しただけではそれとはわかりませんが、あちこちにみられる匠の技について武藤さんが解説します。何事もやりすぎを嫌うのが金沢の人の美意識。拭き漆もぴかぴかにならないように拭く回数を抑えているとの説明に、一同うなずきます。

いま金沢の町家は毎年100軒も取り壊されているそうです。危機感を抱いた人たちがNPO法人金澤町家研究会を作り、行政と連携して町家の保存・活用・再生・継承のための活動を続けています。「町家は壊されたら終わり。所有者が壊さずに直すという方針を出してくれるまでが大変なんです」と武藤さん。

町家を未来に残すためには、どうすれば良いのか

紙谷さんは今日、武藤さんの話を聞いて初めて知ったことがたくさんあったそうです。金沢ではどこにでもある普通の家だと思っていたのが、洗練された趣向と職人技が詰まった建物だと知らされて感慨深げ。現在はこの家に居住しておらず、商売も自分の代で終わりにするつもりですが、簡単に家を壊すわけにはいかないとの思いを強くしたようです。ただ、建物の維持修繕には費用がかかり、これからの生活のことも考えると悩みは深まるばかりとおっしゃいます。町家を残すためには、持ち主のそれぞれの事情にも目を向けなければいけないのです。

金沢は北陸新幹線開業という追い風もあって、訪れる人も増えています。町家のたたずまいをいかしたカフェや雑貨店なども次々とオープンし、新たな人気スポットになっています。しかし、武藤さんは「一過性のブームではいけない。その先の東京オリンピックのときにも町家がきちんと残っていることが大事」と言います。海外からの観光客にとって価値があるのは、そこでしか見られない歴史的建築があることです。町家を地域の大切な資産として次代へ継承していくことの必要性を市民にも訴えていきたいとのことです。

古いものを壊して新築するのは簡単ですが、古いものを残して使うのは非常にむずかしいものです。幸い金沢には町家の修復に欠かせない職人の技術が残っており、材料を調達できる環境があります。年配の人は町家は寒くて暗いと敬遠しがちですが、そういう先入観のない世代を中心に町家居住希望者が増えているというお話も聞けました。

最初は蔀戸(しとみど)とか長押(なげし)、弁柄(べんがら)といった伝統建築の用語に戸惑っていた学生たちも、武藤さんの話にどんどん引き込まれていきました。実物を前にしながら、学生たちは一生懸命メモをとります。いつの間にかイベントの終了時間を過ぎ、あたりは暗くなってきました。

取材を終えて学生たちは「町家はいろいろ趣向がこらされていることがわかり興味がわいた」「友人が来たときに金沢のここがすごいと自慢できる」「もっと金沢のことを知って発信していきたい」などと感想を述べ、収穫の多い一日だったようです。

まとめ

地域発のデジタルマガジン、より多くの人に届けるには

町家の未来に継承していくべき価値を、「kanavi」取材チームは美大生ならではの感性でしっかりと受けとめました。金澤町家研究会の武藤さん、町家オーナーの紙谷さんも学生の真剣な眼差しに手応えを感じ、勇気づけられたようです。取材した内容は「kanavi」vol.2で公開されています。

自分がおもしろいと思うものを取り上げ、関係者から話を聞けるのは、自分たちのメディアをもっているからです。「kanavi」はこれまでのガイドブックにはなかった視点から金沢の魅力を掘り起こし、読者層として想定している若い層に向けて発信しています。その情報が新しい観光ニーズを喚起し、金沢の街に若い人を呼び込むことも期待されます。

目下の課題はアプリとして提供されている「kanavi」のダウンロード数を増やすこと。スマートフォンやタブレットに最適化された画面と使いやすさ、情報の独自性をアピールして、ファンを拡大していくことが求められています。学生の目線で集めた新鮮なコンテンツと、豊富なメディア制作実績を持つDNPメディアクリエイトのコラボレーションによるデジタルマガジン「kanavi」。これからどう進化していくかにも注目です。

金沢市のアートと生活工芸を紹介するデジタルマガジン『kanavi(カナビ)』は下記サイトで確認いただけます。

kanavi公式サイト

ニュースリリース|金沢美術工芸大学とDNPメディアクリエイト “目利きの視点”で金沢のアートと生活工芸を紹介するデジタル雑誌アプリを配信
http://www.dnp.co.jp/news/10099507_2482.html

DNP 大日本印刷は、皆さまが暮らす地域の未来をよりよいものにするために、 地域の魅力づくりのお手伝いをしています。ぜひご相談ください。

 

ページの先頭へ